スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォローアップミルク論争?

長いので FUM と表記します

shinが卒乳したのは5ヶ月前
それから多くて1日1〜3回(各150cc程度)ほど飲ませていました

ド健康で大食いだけど、体重が少ないこともあったので
あえて牛乳に切り替えず…という単純な理由だったのですが

FUM不要、飲ませないでね、ということ

詳しくは専門家の方が説明なさっています
簡略すると、粉ミルクからFUMに切り替える必要もないそうです

育児用粉ミルクと比較しても値段は安いし、栄養価は高いけど
ミネラル・たんぱく質の含有量がとっても高いことで
内臓にとっても負担がかかる飲み物だということです



FUMを信じている方はどうかどうかスルーなさってくださいませ
とりあえずそういうものだから、というくらいの認識の方には
是非知ってほしい内容だったもので


今日たまたま飲みきったので、これから牛乳にしようと思った矢先に
たまたま飛び込んできた内容だったので

(いつも以上に欲しがったので冷たい牛乳をあげたら
ちょっとお腹が緩くなりましたが…)
書かずにはいられませんでした

スポンサーサイト

クレヨンに大興奮!

昨日  お姉ちゃんが夢中

(ちなみに、ひらがなは読めますが、まだ書けません)

その横で  

興味津々 そして 大興奮 クレヨン、ブレてます(左)

最後口に入れたので、終了 (もちろん怒る…)


今朝、shin
バナナ中サイズ
6枚切り食パン 2/3枚
フォローアップミルク 150cc
赤ちゃんせんべい 4枚
コーンフレーク 小さいお椀に軽く2杯


終わりがありません それでも抗議をされ…

常にお腹がゆるいわけでもありませんので、いったいどこにいっているのか?

 成長曲線はこんな感じ

下回っているけれど、上がり方は問題ないそうです

薄力粉のパンを持って〜

Cpicon *薄力粉de簡単フワフワ即席パン* by ゅみママ 

ちゃちゃちゃっと焼いてみました



今日は子育てサークル 某保育園まで minも一緒〜

このパンを持ってお昼に食べさせました

って、炭水化物だけだ

見た目はブサイクですけど、美味しかったです


地元の人と触れ合える場所

新しいし 夏休みだし 暑いし 混んでいました

地元(同じ地区)の人に会える唯一の場所かもしれません

shinと同じ学年になる地元人が多いです
minの場合は結局入園するまで幼稚園は未知の世界でした


いきなり滑り台も逆走で昇り切り、階段から降りてきました

昇りきった上では 女の子に抱きついて
なんとかすれ違ったりしてね〜

ちゃんと階段から昇って、脚から滑り降りしたりも

教えなくても見ていて覚えたんだよね

 昨日のお気に入りはこの掃除機 家でも喰らいついてきます

そしてボールプールは自らダイブしたり、陸に上がってきたり

運動神経はそう悪くなさそうです (←オヤバカ) 


ショックすぎ…

今日仲良くしてもらっているママ友の
ご主人の転勤話を聞きました



ショックすぎて言葉を失いました




さみしぃよぅ




転勤族だから〜 とは聞いていたけれど、
まだ1年も経っていない状態だったから、オドロキ!の一言で

先日廃品回収の当番でそんな話をした翌日にまさかの辞令

相手のことも考えず、
「すぐじゃないんだよね?」
「またお豆腐モーニングに行ける日程は組めるよね?」
など、メールしてしまったんだけど


とにかくショックです

No-Goの教え

危険が伴う以外に 「だめ」と言わない育児

例えば

触って欲しくないものを触りそうな場合

触ってはじめて 「それ、触っちゃダメ!」 でなく
触る前に 「こっちで遊ぼうか?」 と回避する

硬そうなものを投げそうだな そう思った時
「それ、おかあさんに貸してくれる?」

投げていきなり 「危ないから投げちゃダメ!」 でなく



そんな解釈でいいのだろうか?



「だめ」をいきなり発するのを躊躇するといろいろな表現を考える

※ 育児の方針・考え方は様々なので、お叱りなどのコメントなどはご遠慮くださいませ



今、shinは触って欲しくないものばかり触るし、
ものをポイポイ投げまくる…

minに対してもそう 否定的な表現でなく、肯定的に
それを意識するだけで頭をすごく使う

やっぱりいろいろ変わります
言葉を選んだだけで受け取り方・その時の表情など

なんとなく、ダメダメばかり言っていた自分を恥じる
反射的に言葉をまくしたてたりしていたのかな?

ワタシ自身が親に褒められた記憶がなく、
「身内を褒めたりおだてたりするのはバカバカしい」

そんな風に母親が言っていたことを思い出す

ワタシ自身、今考えても性格が良かったとは思えなかった幼少時代
minにはそんな幼少時代をおくってほしくないしね



認めてあげること 褒めてあげること 嬉しい気持ちを伝えること

どれもサボってたよね







shinには ご飯のことを マンマ とか
お茶のことを ブー とか (←地域性?)使わずに

ごはん おちゃ と教えてきたけれど、
不思議なことに 「マンマ」と食べ物を指します


ちょっと話が逸れました



似てる?

今日は3人でおでかけ

英語教材のショールームで1時間
そのショールームがある真横に○オンが見えるので、
minはまったくといっていいほど英語に反応しない

というか、興味を示さない

もう ピンクのスーパー(←大好き) で頭がいっぱいなのだ

生後2ヶ月から触れている英語なので、完全にマンネリ化


思えば4年近くにもなるんだねぇ




おにぎりを持って行っていたので、それを食べた後
ディ○ニーストアなどに行ってさんざん遊んで

shinの靴を忘れた今日もドアホ全開のワタシは
抱っこし続けていて 腕パンパン

(抱っこひももベビーカーも嫌がるので)

結構限界に近づいてきたと思ったら爆睡体勢に

抵抗したけれど、眠気に負けたようでカートで寝てくれました
結構な量をたいらげたせいか、満足気〜♪



で、今shinは1歳2ヶ月だけど、minの11ヶ月の写真を見ると

 やっぱり似てる(笑)

お盆に姉がshinを見て、「ちっちゃい頃のちゃくらの目と一緒〜(笑)」


いやいや、こんなに可愛くなかったぞ



あっははは オ・ヤ・バ・カ



寝ている間にminと食べました 

あーーーんしてと食べさせられました


今日からお仕事

昨日の午前中〜お昼過ぎはこんな感じ

?2人連れて小児科へ (shinの突発疹を診せるため)

?一時帰宅 眠くてたまらないshinを置いて

?minと耳鼻科へ
 (お盆前に小児科で診てもらったものの、処方された薬が効かず
  地味に鼻水と咳が続いているため)


ここまでで3時間半…


耳鼻科では予約したのにも関わらず、2時間以上…


疲れたminが起きたのが夕方5時半 そこでお昼(?)ご飯

minはお盆前に「夏風邪の治りかけだね」と
抗生物質を処方されなかったせいか、全く治らず

寝起きや寝ている間は咳き込んでいるので
アデノイドやアレルギー持ちで、中耳炎の再発を懸念して耳鼻科へ

待たされすぎて 待合室でふざけるわ、
買ってあげたペットのお茶を 隣のおにいちゃんにぶっかけるわ、で


怒り心頭


って、ワタシがね

おにいちゃんとそのお父さんは穏やかで… 平謝りでした




ちなみにshinはお昼ご飯以外寝続け…

3日半も高熱出してたしね そらそうだ 


4月(生後10ヶ月)に1度目の突発
今回はその時よりも熱も出たし、発疹の範囲も大きい
先生曰く、「昨日の夜は機嫌悪かったでしょ?」

それと、「高熱だと心配でたいていその時に連れてくるけど、
その時連れて来られても判断できないんだよね」

「お母さん、夜間・救急にも連れて行かなかったの?
判断は合ってるからいいけど、
本当に具合悪いときは気をつけてよー」




↑ って、これね minの時も、shinの1度目の時も念押しされている



同じフレーズ 3度目







連れて行かないと薄情な母みたいじゃないか???







義母もダンナも連れて行かないの?って焦っていたけど、
だってどう考えても 突発 だと思ったんだもん





とまあ、ワーワー言うとりますが、今日から平常どおり
(幼稚園の預かり保育は今日までお休みだけど)




お弁当作りますかーーー♪

突発と花火

12、13日と高熱が続き、
14日は一気に下がったものの午後から急上昇

3日目には治る!予定通りだわ〜なんて
高をくくっていた愚かな母親です

食欲はまったくなかったわけじゃなかったので
救急や休日診療も探しておいたけれど、結局行かず

4日目、朝まで高熱
それでも下がり始めたら一気にポツポツが出てきて

めちゃめちゃ元気に

食欲もそこそこで、大きく衰えなかったので
(でも見るからにまた痩せた…)
近いものの判断に迷っていたけれど、結局実家へ



minはおまつりや花火の大音量が怖くて、
「いかなぁぁぁい」と言っていたけれど、
怖がっていたものを最近次々と克服してきたので

minは最近、あんなことやこんなことも大丈夫になったじゃん?
怖くなくなったじゃん?

だからきっと花火も大丈夫かもよー? ちょっと音が大きいだけだしさー



なぁんて説得したら、

min、こわくない
○○のおばあちゃんところにいきたい」
  ※ ○○=実家の地名




おおおーーーーーっ







結果は、










号泣…





(笑)(笑)(笑)




「おうちかえりたーーーい」



なんとも可愛いじゃありませんか



奥の部屋でダンナに抱きついて胸に埋めて大汗
途中交代しましたが、1時間大変でした


連発や大きいものは地鳴りのようにすごい音なので



shinも泣きました

が、それはおねーちゃんの号泣に驚いて…

最初は外で抱っこしながらの観賞で、家の中に入りたいとアピールしてきて
それでもすぐに音には慣れたみたいです

連発の花火には眩しそうに目をパチパチさせていました




おばーちゃん(ワタシの母)は shinを見て、
髪の毛が多くて暑苦しい、と









確かに伸びました


2度目の突発性発疹

明日、小児科に行って見てもらうべき?

ってことは、風しん・麻しんの予防接種も延期ですわね〜











でも 回復して安心

こうやって体が強くなっていくんだよね〜

 写真は連休前半 LEGOの前で大興奮の様子

発疹出るか?

一度目の突発は 4月13〜15日 高熱は丸2日

で、

発疹がなぜか19日



驚いたものです




すっごい前のような気がしていたけれど、
まだ4ヶ月も過ぎておらず…

鼻水も咳もなし

今月初旬 ずっとお腹が緩く、小児科で夏風邪と判断され、
下痢止め&整腸剤を処方されたら、すぐ治ったshin

さて、今回はいかに?

日付けが変わる前にようやく下がり始めた熱

昨日は1日高熱で 38.8〜40.4℃


朝になったらきっと大丈夫なはず!!!





頼む、そうなってくれーーーっ!!!!!

発熱坊主…

たいていエアコン29℃設定(+扇風機)の我が家

昨晩はエアコンなしで就寝

朝、熱を帯びた息子shinが!


38.9℃


ぬぉぉぉぉぉ〜っ!



とはいえ、すこぶる食欲もあるし、機嫌もさほど悪くない
(バナナなら続けて3本たいらげたし…)

が、ふらふら感アリ



午後からも熱は下がらず、少々ぐずり始めたので一緒に寝て、
その後 3月に耳鼻科でもらっていた頓服を飲ませたら



絶好調  



38℃を出したのは5月の半ば 数時間で下がったけれど
こんなお盆休みに… って、そんなもんか



なんとなく、2度目の突発の可能性を感じるのは気のせいか?





ドタバタな毎日

 WM型で爆睡するある日の昼下がり

夏が終わると4歳ですけど〜

なんとも幼くて可愛いじゃありませんか

幼稚園のない日は、子供たちは揃ってお昼ご飯前に寝ている

というわけで、午後からが本番!って感じになる
逆の場合(午後にお昼寝)は、今日も終わった!って感じになる

あっという間に過ぎていく1日です


毎日何やってんだかわけがわかりません

思えば…

思えば、何ヶ月前だろう?

minが自転車をこげるようになったのは…

って、もちろん補助輪付きですが(笑)

三輪車がちょっとこげた、と聞いて間もなく自転車でもできるように
って、実はワタシはまだその場面に立ち会っていないので(汗)

ブランコも立ちこぎ ダンナはびっくり

怖がり娘への不安もいろんな面で解消されています




子どもが 経験していないことはできなくて当たり前

恐怖感も何がきっかけで取っ払えるのか?
その子によっても違いがあるとは思うけど


何かにぶら下がったこともない → いきなり逆上がりの練習

できるわけない…

しっかり握って、勢いをつけて脚を持ち上げてって
いろんな動きを一度にやるわけだからね
いきなり一気にはできないに決まっている

それに ボールをよけたり、ボールをバットで打ったり、
ケンケンやスキップもできない子が多いらしい

転んでも手を付けられない子も少なくないそう



幼少期に培うべく運動の基礎能力が備えられていないケースが
往々にしてあるそうです

(注)もちろん外遊びが好きな子や、活発な子も周りにたくさんいます



今ワタシが学んでいる養成講座

保育理論、脳の仕組みや発達心理学、
そして動物になぞらえたヨガのポーズ

腹筋背筋などの筋力、バランス力、
集中力、体で表現する力、我慢する力、競争心などを
自然に養えるようにプログラミングされている

・子どもとの関わりが少ないと感じている
・どう接していいかわからない
・養育者ではなく、家来になっている


これはワタシにも言えることで

いろんな環境をモノやオモチャ、子育て支援センターなどに
結構甘えているような気がしている


こんな話を聞きました

ある講話で、
「6歳までに母親や養育者にたくさん抱かれた経験がある子は
一度道を踏み外しても更正できる」



スキンシップを改めて考えさせられています

最近は暑苦しいくらいギューギューしてますが…



いろんなことを見直すきっかけはいつだってあるんだなって
そんなことをふと思いました
07 | 2010/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ちゃくら

Author:ちゃくら
こちらでは主に子供達の育児日記とDWEの進捗状況を綴っています。子育ての失敗談やダメ主婦・ダメ嫁っぷり炸裂ですが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。